スピリチュアル・ミッドワイフ、マタニティヒーリング、終活ヒーリングなど

このページの内容

 
● スピリチュアル カウンセリングについて

● スピリチュアル・ミッドワイフについて
● 流産、死産(グリーフ・ケア)などについて
● マタニティ・ヒーリング、妊活ヒーリングについて
● 感想
● スケジュール・カレンダー
● 料金
● 連絡


 

スピリチュアル・ミッドワイフの活動について

 
・お腹の中にいる胎児との対話、うまれてきた赤ちゃんとの対話、そして流産や死産を経験されていて対話をしたいと考えている親御さんたちのための「スピリチュアル・カウンセリング」をしています。
 
・そして、幸せなお産、家族関係をよりよい方向に導いていく「メディテーション、スピリチュアル・カウンセリング、ヒーリング」などを通して、「波動エネルギー調整」をして安心、安全なお産が出来る支援活動をしています。
 
・出産後や成長して大人になった方への「親子のヒーリング」、そして「発達が気になる子どもと家族」のメディテーションや波動エネルギー調整は驚くほどの成果で好評を得ています。
 
・僕と池川明先生の共著「いのちのやくそく」の中にも「スピリチュアル・ミッドワイフ」の活動が紹介されているのですが、中でも”Cちゃん”のエピソード、うまれたての赤ちゃんの声を聞いて、お母さんが心を開く瞬間は心を動かされます。
 

流産、死産(グリーフ・ケア)などについて

 
・流産や死産などの亡くなられたお子さんの言葉を伝え、光となっって幸せな状態にする「たましいの通訳」の活動を始めました。詳細はお問い合わせください。
 

感想など

● コウノドリを観て
● 青いスウェーターの男の子
● 男の子に赤い服を
● 「うまれる」のつばきちゃん3
● 「うまれる」のつばきちゃん2
● 「うまれる」のつばきちゃん1
● 「産後うつ」と上手に付き合う方法2
● 「産後うつ」と上手に付き合う方法1 
● マタニティ・ヒーリング


 

スピリチュアル・ミッドワイフとは?

 
幸せなお産、家族関係をよりよい方向に導いていくのがスピリチュアル・ミッドワイフ(たましいの通訳)の使命です。
 
スピリチュアル・ミッドワイフがケアする主な対象は、妊娠前後の妊婦さんや胎児、そして問題を抱えている親子などです。妊婦さんや家族の状況を、目には見えない精神的なエネルギーの流れを観察して、精神的、霊的な側面からスピリチャル・カウンセリングしていきます。すると、現在の状況と経緯を客観的に認識していき、精神的、身体的、そして人間関係や仕事や家庭などに変化が起きてくるのです。
 
妊娠する前、妊娠中、出産、そして出産後に起こる事柄を、家族全体の問題として捉え、分析、カウンセリングをしていくと、様々な問題を認識すると共に前に進む勇気が出てきて、抱えている落ちて安定した状態になっていきます。
 
スピリチュアル・ミッドワイフの活動は元々、妊娠出産に関するカウンセリングだったのですが、成長して大きくなった子どもと親の関係も、同じように見させて頂く事が可能です。
 
特に発達障害やグレーゾーンと呼ばれる子ども達を持つ家族のための、スピリチュアル・カウンセリングは好評で、沢山のケースに関わらせて頂きました。
 
また、高齢出産や、流産や死産などの経験をされている方、子どもと一緒に成長したいと考えておられる方などにもお勧めのカウンセリングです。
 
子どもだけ、あるいは母親だけの問題として捉えずに、家族全体の問題として捉えようとしていて、解決の糸口を探されている方には、ぜひお勧めです。
 

スピリチュアル・ミッドワイフの活動

 
スピリチュアル・ミッドワイフを始めたのは、10年以上前に米国BPI(バークレー サイキック インステチュート)というヒーリングの学校で、先生に強く勧められ資格を修得したのが始まりでした。その先生は僕が子どもに好かれているのを見て、スピリチュアル・ミッドワイフに向いていると思ったようでした。
 
そのプログラムは、妊婦さんに対して実際にスピリチュアル・カウンセリングをしたり、メディテーションを通して「いのち」を考えたりと、とても興味深いプログラムだったのですが、いざ卒業した後はどのような活動をすれば良いのか解りませんでした。
 
それが2010年頃に日本に帰国した頃、山本シュウさんの「全国こども電話相談室リアル」を聞いて日本の子ども達を取り巻く状況のあまりの変わりようにショックを受けたのがきっかけで、下記のような活動もするようになりました。
 
・不妊治療を受けている方
・妊婦さんの抱えている問題
・赤ちゃんの問題に悩んでいる方
・子ども達の抱える問題
・親と子どもの関係にお悩みの方
・発達障がいを持つ家族
 
色々な方とお話させて頂き思うのは、「最近生まれてくる赤ちゃんは以前とは違う」という事です。
きっと今、世界が大きく変わってきていて、それに対応するために、「生まれてくる赤ちゃんの生きる力」が強くなっているのです。そしてこれからの時代を生きるために、未来を示唆してくれる先生を探しているのです。
 
そんな混沌とした時代に「スピリチュアル・ミッドワイフ」の活動が、赤ちゃんや親子を精神面からサポートして、より良い未来を創っていく手助けになればと思っております。
 

子ども達を取り巻く状況

子どもの状況が深刻さを増していて、いじめによる自殺、親からの虐待、親の離婚問題、経済的貧困、兄弟の死に対する葛藤などの相談が多く寄せられていて、問題がエスカレートしています。
 
「これからのこども達は一体どうなってしまうのだろう』と心配しないではいらず、少しでも子ども達の役に立てたらと思い、「アルジャーノン・プロジェクト」という活動を始めました。
そして「こどもの瞑想教室」「親子の瞑想教室」「親子のヒーリング」などと活動範囲を広げ、こども達が抱えている問題に対して、少しずつ心を傾けられるようになってきています。
 

マタニティヒーリング、妊活、産後うつ、流産などのヒーリング

 
妊娠の前後、そして赤ちゃんが生まれる時などは、妊婦さんや赤ちゃん、そして家族のみんなの気持ちやエネルギーが複雑に作用します。
 
ずっと昔から、親子になる縁があって、赤ちゃんがその縁をたどって生まれてくるということもあるかも知れません。
 
先祖や夫婦の関係なども、妊婦さんや赤ちゃんに影響を与えることが考えられます。
 
それぞれの家族にそれぞれ違った問題や気づきがあり、様々な要素や色々な側面からエネルギーを観察して分析するのが大切です。そして精神的、エネルギー的に調整をしていき、安全で安心な出産が迎えられるようにするのがマタニティヒーリングなのです。
 
出産時、又は出産後に派生する様々な現象や問題を見て、随時、エネルギーを動かしていき、赤ちゃんにとって居心地が良い空間を作っていきます。胎児はエネルギーにとても敏感で影響を受けやすく、エネルギーを調整すると素直に反応してリラックスしていきます。
 
遠い遠隔の場所から、お腹の中の赤ちゃんが産まれやすくなるように調整した時、その瞬間に出産したという例もありました。
 

不妊に悩む方へのスピリチュアル・カウンセリング、妊活ヒーリング

 
たましいの助産師の役割の一つに「不妊に悩む方へのスピリチュアル・カウンセリング」というのがあります。
妊娠する前後というのは、本人だけでなく家族全体が抱えている繊細な問題が複雑に絡み合い、妊娠や出産というプロセスに影響を及ぼします。
 
スピリチュアル・カウンセリングでは、状況を観察して、それらの問題を分析し、絡み合った糸をほぐすように一つ一つ問題を明確にしていきます。
 
親が抱えている精神的な問題、特に母親の問題は、妊娠時に大きく影響しますが、それらを精神的に和らげていくと、新しい命にとって居心地の良い状態になっていくのです。
 
新しい命、胎児はエネルギーにとても敏感で様々な影響を受けやすいのですが、スピリチュアル・カウンセリングを通じてエネルギーを動かしていくと、素直に反応が現れてくる事が多いです。
 

感想など

 

ウンセリングを受けた方からの感想、エッセイなど:

 
妊娠するまで
産後うつ
たましいの助産師
赤ちゃんを授かる時
赤ちゃんのいのち
胎内記憶とたましいの記憶
いのちのバトン(流産、死産)
コウノドリを観て、産科の先生
あなたに此処にいて欲しい(ダウン症のCちゃん)
 
 

スピリチュアル カウンセリング・

瞑想セミナー スケジュール


上記のリンクページをご参照の上、お気軽にご連絡ください